IMG_3863
ドラマ低迷期とはいえ、この人が出演するなら観たいかも...となぜかそんな気にさせてくれる女優さん、1人はいるのではないでしょうか。今回は、そんな主役級の女優さんを挙げてみました。

年末年始、まったり考えながらポチッとどうぞ(ブログ右側「アンケート」で投票できます→投票結果ページはこちら)♪


--------------
IMG_3865
ベテランの美人女優さんともなると、劣化コメントが続出するものですが、この方にいたってはビタ一文寄せ付けない感じです。プロポーションもお見事!女優人生20年を迎える2019年、新しいドラマか舞台か、期待できそうです。

スクリーンショット 2018-12-30 12.35.10
キレイでカッコよくておしゃれ、大人の女性でありながら少女のようでもあり、甘え上手だけどサバサバなどなど皆が憧れる形容詞をほしいままに。媚びているわけではないのに、嫌われない。その魅力の要因は何なのか、見極めるために映画・ドラマ、CMとあらゆるメディアの彼女を追ってしまうのかも。

スクリーンショット 2018-12-30 12.50.50
正直、ガッキーはこの世に存在しないんじゃないかと思い始めている。実在していながら、これだけナチュラルな完璧さをキープしていることに、どうも納得がいかない...もはやそういうレイヤーなので、Siriとかアレクサとかある種の気配のように私たちの日常に漂っていてほしいと思うのです。ドラマの話皆無ですみません。

スクリーンショット 2018-12-30 13.02.40
テレビドラマではもてあまし気味の演技力とは言われているが、それなら映画より週1の1時間くらいでどうかなぁと思う。日本もしくは世界各国の名作の一人芝居、朗読劇でもいい。この人の雰囲気ならば、背景とかいらない気もするんですよね。

スクリーンショット 2018-12-30 13.24.13 1
2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演されるとか。綾瀬さんで不快感が生じることはまずないので、「ちょっと観てみようかな」という気にさせてくれます。この人のことを考えると、穏やかって品の良さに通ずるんだなぁと思います。

スクリーンショット 2018-12-30 13.29.27
演技力というより、目ヂカラに引き込まれがちだったのですが、このところ近況的なニュースで見る限り、ゆったりした余裕を大いに感じます。露出の度合いも大女優。記憶の根底にある分、名前を聞くと「待ってました!」と即ウェルカムモードになれるから不思議です。

スクリーンショット 2018-12-30 13.40.29
竹内結子さんを手放しで「美人」と言えない自分がいやんなっちゃうんですけど、多くの芸能人の方々がそういうので実物を拝見すると納得するのだろうなぁと長年思っています。とは言え、この人のドラマは結構観ています。スキャンダル専門弁護士 QUEEN、楽しみにしております。

スクリーンショット 2018-12-30 13.46.14
ドラマの中にシリアスとコミカル、両要素があるので満足度が高い仕上がりのものが多い気がします。緊急取調室もちょっと先ですが、期待大。ところで、アンチエイジングな方法論って、かわいらしいイメージのタレントさんに集中しがちですが、本当に尋ねるべきは天海祐希さんなのではないかと。意外と庶民的な習慣もあるかもしれないです。

9. 石原さとみさん
スクリーンショット 2018-12-30 13.55.24
ドラマでの石原さとみさんが好きなのは、見た目の麗しさもありますが、本当のところは長セリフの回しです。この年末年始はアンナチュラル祭りらしいので、カウチポテト(死語)のご準備を。結婚の噂もありますが、どうでしょう?ますます色気増し増しになりそうなので、女優業は辞めないでほしいですね。
--------------
実は、私が女優で一番に挙げるのは戸田恵梨香ちゃんだったりします。理由はよくわかりませんけど笑。上記の女優さんについてあーだこーだ言いましたけど、要は理屈じゃないんでしょうね(そんなオチ)。